自動翻訳について

きりたんぽ発祥の地について
 秋田名物「きりたんぽ」は、鹿角が発祥の地と言われており、その昔、猟師やヤマゴと呼ばれる山での伐採や炭焼きを生業としていた人たちが作業の合間に食した鍋が起源とも言われています。
 現在のきりたんぽの原型は、鹿角地域で醤油が普及し始めた明治初期ころに完成したものと考えられており、今でも収穫と新米の時期には、市内各地で「たんぽ会」が開かれるなど、鹿角を代表する郷土料理として受け継がれています。

※きりたんぽ発祥の地に関する伝承や歴史、「たんぽ」の語源や由来については、外部サイト「発祥の地鹿角きりたんぽ協議会」ホームページをご覧ください。
(このページからもアクセス可能です)
発祥の地鹿角のきりたんぽ鍋