大日堂舞楽

大日堂舞楽
(だいにちどうぶがく)

五大尊舞
五大尊舞

国指定重要無形民俗文化財

(ユネスコ無形文化遺産)
指定日 昭和51年5月4日
所在地 八幡平字小豆沢
保存団体 大日堂舞楽保存会


 舞楽の起源は、鹿角の総鎮守である大日堂(大日霊貴神社)が養老2年(718)に再建され、尊像の開眼供養が行われたとき、都から下向した楽人により里人に伝えられたものといわれる。大里、小豆沢、谷内、長嶺の4地区の人々によって1200年余りの間伝承されてきた。

 地元ではこの舞楽をザイドウと呼び、正月2日の大日霊貴神社養老礼祭に奉納される。能衆(舞楽を勤める人)は門口に注連縄を張り、精進潔斎をして舞楽に臨む。

 当日は谷内・長嶺勢は表参道、大里・小豆沢勢は裏参道から境内に入り、4地区が揃ったところで修祓の儀、地蔵舞、幡綜の行事が行われる。次いで堂の正面の階下で花舞(神子舞、神名手舞、権現舞)が舞われる。権現舞が中程に差しかかる頃、堂内では小豆沢の若者たちによる籾押しが行われる。花舞を終えた能衆は階を昇り、御上楽の楽につれて堂の廻廊を3回めぐる。笛、太鼓が勇壮な曲に変わると、各地区の竜神幡が先を争って堂内に入り、幡上げが行われる。

 幡上げが終わると、能衆は堂内に入り、本舞に先立ち、能衆全員で神子舞、神名手舞を舞う。神子舞は天の神、神名手舞は地の神を礼拝する舞である。次いで大里・小豆沢の舞台元が舞台に上がり、大小行事(唱辞を言い、銭と米をまき舞台を浄める)が行われ、法印の儀、祝詞を奏上して本舞に入る。

1 権現舞(小豆沢8人) 継体天皇の第五皇子、五の宮権現の舞といわれ、1人が獅子頭をかぶり、子供(オッパカラミ)が尾を持ち、笛、太鼓に合わせて舞われる。

2 駒舞(大里2人) 五の宮皇子の御乗馬の舞といわれ、垂手笠をかぶり、胸に木製の馬頭をつけ、笛、太鼓の囃子で、礼拝、馬替、一人舞、片手舞、仁義、大車、拝礼の7節が舞われる。

3 烏遍舞(長嶺6人) 継体天皇の後宮であった吉祥姫を葬る様を舞にしたものといわれ、折烏帽子に顆面をつけ、大刀を抜き持ち、声明を唱えながら、笛、太鼓の囃子で六人立、大博士 舞、二人舞の3節が舞われる。

4 鳥舞(大里3人) だんぶり長者飼育の鶏の舞といわれ、子供3人が雄、雌、雛の鳥甲をつけ、右手に日の丸の扇を持ち、雄は左手に鈴を持って、笛、太鼓の囃子に合わせて舞う。膝切、耳切、腰切の3節からなる。

5 五大尊舞(谷内6人) だんぶり長者の舞ともいわれ、袴、脚絆、打越をつけ、白梵天と面(大博士は金剛界大日、小博士は胎蔵界大日、他は普賢、八幡、文殊、不動の面)をつけ、大刀を貫き持って、大博士は左手に鈴を持ち、太鼓と祭文、板子の囃子に合わせて舞われる。

6 工匠舞(大里4人) 大日堂の御神体を刻む様を舞にしたといわれ、バチドウ舞ともいわれる。直垂、脚絆、高立烏帽子に鉢巻をして帯刀し、両手にばちを持ち、笛、太鼓の伴奏で静かに舞われる。

7 田楽舞(小豆沢6人) 綾笠をかぶり、1人が小鼓を持ち、1人が太鼓をさげ、他の4人がささらを持ち、笛、太鼓の囃子に合わせて、天狗鼓舞、立ササラ舞、大車の3節が舞われる。

このページに関する情報
関連リンク
このページに関するお問い合わせ
教育委員会 生涯学習課 文化財班
〒018-5292
秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0294
FAX:0186-30-1140