更新日:2021年11月22日

先人顕彰館トップ

先人顕彰館の写真

展示について

これまでの先人顕彰シリーズ

鹿角市の先人

利用案内・交通案内

問い合わせ

Facebookで情報発信中

先人顕彰館では展示・講座・日々の出来事などの情報発信を行っています。

先人顕彰館FBページ

鹿角人物事典講座 ※終了しました。

令和2年3月に刊行した「鹿角人物事典」より先人を取り上げた講座を開催します。

今回は鹿角随一の儒学者といわれた「泉澤恭助」を取り上げます。

日時:令和3年11月20日(土曜日) 13時30分~15時00分

場所:先人顕彰館 多目的ホール

定員:20人

 

『親子絵画教室』パート2 ※終了しました。

先人顕彰館は十和田湖にヒメマスを放流した和井内貞行邸跡に建てられています。その和井内翁邸の庭の落ち葉や枝を使って絵を描いてみませんか。

日時:令和3年10月24日(日曜日) 10時00分~11時00分(予定)

場所:先人顕彰館

定員:10組

講師:熊谷晃太氏

その他:汚れても良い恰好でお越しください。

 

文化講演会 ※終了しました。

現在開催している特別展「相馬大作事件と鹿角」に関連し、相馬大作に関する講演会を開催します。

日時:令和3年11月7日(日曜日) 13時30分~15時00分

場所:十和田市民センター ホール

講師:関豊氏(二戸市歴史資料館 館長)「相馬大作の生涯」

           中村弘美氏(矢立自然の会 会長)「相馬大作事件を語る~名作に魅かれて」

 

新型コロナウィルス感染症等の拡大防止のためのご協力のお願い

・申込時に氏名と連絡先をお聞きしますが、新型コロナウィルス感染症等が発生した際には保健所等へ情報提供いたしますのでご了承くださいますようお願いいたします。

・マスクなど口を覆うものを身につけてご参加ください。

・当日は館内換気をしますので、体温調節ができるものをお持ちください。

・健康状態に十分ご留意いただき、発熱や風邪症状のある方、体調に不安がある方は参加をご遠慮ください。

・アルコール消毒液でのこまめな手指消毒、手洗いなどの感染症予防にご協力をお願いいたします。

展示について

先人顕彰館の展示の写真

 私達の郷土「かづの」にゆかりの深い先人に関する資料の収集、保存、事蹟の調査研修とその公開展示を行っています。
 世界的な東洋史家といわれる「内藤湖南」、ヒメマスの養殖に成功し、十和田湖の開発に尽力した「和井内貞行」の両氏をメインに展示しており、ほか、郷土が誇る各界の先覚者を、「先人顕彰シリーズ」として展示コーナーを設け、一定の期間順次展示紹介しています。

主な展示物

  • 東洋史学の世界的権威内藤湖南の家学と学統資料。幼少年時代の教材と自作の漢詩、隋唐の書法を極めた遺墨と晩棲恭仁山荘の模型。
  • 魚の棲まない十和田湖に和井内貞行がヒメマス養殖に成功するまでの苦節22年間の映画。道徳教育の使用教材と教科書類。邸宅模型。
  • ほか各界で郷土が誇る先覚者達の行跡と著書、遺墨、遺品、写真等。
  • 主な収蔵資料
    • 内藤湖南著遺墨印譜帖、書道具
    • 映画「われ幻の魚を見たり」ビデオ
    • 和井内翁胸像原型。教科書文庫本
    • 各界先覚者の遺品ほか貴重な資料多数

先人顕彰シリーズ第30次展示「相馬大作事件と鹿角」

会期 令和3年4月1日~令和4年3月13日

※過去の展示は下記「これまでの先人顕彰シリーズ」を参照ください。

鹿角市の先人

内藤 湖南 (1866年誕生、1934年死去、享年69歳)

内藤 湖南の写真

 内藤湖南、本名は虎次郎、湖南はその号である。慶応2年鹿角市毛馬内に生れる。幼少より神童の誉れ高く、家学を継承す。
後秋田師範に学び、北秋田郡綴子小学校で教鞭をとる。明治20年職を辞して上京し操觚界に入り、明識なる中国通として健筆をふるった。明治40年京都帝国大学に招かれ東洋史学を担当し、昭和6年の御講書始めに「通典」の御進講をなす。昭和9年6月26日、京都府瓶原恭仁山荘に没し、京都鹿ヶ谷法然院に葬る。
特旨をもって勲二等に叙せられる。

和井内 貞行 (1858年誕生、1922年死去、享年65歳)

和井内 貞行の写真

 安政5年、南部家重臣桜庭氏筆頭家老治郎右衛門の長子として毛馬内に生れる。幼名を吉弥、長じて貞行と称す。泉沢修齋の門に学び、明治14年工部省小坂鉱山寮十和田銀山詰を命ぜられる。十和田湖の勝景に魅せられ養魚を志し、明治17年鯉の稚魚600尾を放流す。糟糠の妻カツ子と苦節22年、明治38年カバチェッポの養魚に成功し、和井内鱒と命名す。国立公園編入運動を起こすなど、生涯を十和田湖開発に捧げる。大正11年5月65歳で没す。正七位に叙せられる。

利用案内

開館時間

午前9時から午後5時

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は、翌日以降の平日)

年末年始
 

入館料

 

区分

個人入館料

団体入館料

一般 220円 180円
高校生 110円 90円
小中学生 60円 50円
  • 障がい手帳をお持ちの方とその介添えの方は、手帳の掲示で半額になります。
  • 団体入館料は、20人以上の団体に適用になります。

交通案内

  • 盛岡インターチェンジ~十和田インターチェンジ (東北自動車道90.5キロメートル-70分)
  • 十和田インターチェンジ~鹿角市先人顕彰館 (小坂町方面-5分)

JR

  • 花輪線十和田南駅下車~秋北バス (小坂行き)
  • 毛馬内下小路下車~徒歩3分

問い合わせ

住所

  • 〒018-5334 秋田県鹿角市十和田毛馬内字柏崎3番地2

電話・ファックス

  • 0186-35-5250

メール

これまでの先人顕彰シリーズ

第1次展示

会期 平成2年7月~平成3年6月

第2次展示

会期 平成3年7月~平成4年6月

第3次展示

会期 平成4年7月~平成5年7月

第4次展示

会期 平成5年8月~平成6年7月

第5次展示

会期 平成6年8月~平成7年9月

第6次展示

会期 平成7年10月~平成8年9月

第7次展示

会期 平成9年10月~平成10年9月

第8次展示

会期 平成11年11月~平成12年10月

第9次展示

会期 平成12年11月~平成13年11月

第10次展示

会期 平成13年12月~平成14年11月

第11次展示

会期 平成14年12月~平成15年11月

第12次展示

会期 平成15年12月~平成16年11月

第13次展示

会期 平成16年12月~平成17年11月

第14次展示

会期 平成17年12月~平成18年11月

第15次展示

会期 平成18年12月~平成19年11月

第16次展示

会期 平成19年12月~平成20年11月

第17次展示

会期 平成20年12月~平成21年11月

第18次展示

会期 平成21年12月~平成22年11月

第19次展示

会期 平成23年3月~平成24年3月

第20次展示

会期 平成24年10月~平成25年3月

第21次展示

会期 平成25年6月~平成25年12月

第22次展示

会期 平成26年8月~平成27年6月

第23次展示

会期 平成27年6月~平成28年3月

先人顕彰シリーズ23「畠山文象遺墨展」※リーフレットはありません。

第24次展示

会期 平成28年4月~平成29年3月

第25次展示

会期 平成29年4月~平成30年3月

第26次展示

会期 平成30年4月~平成31年3月

第27次展示

会期 平成31年4月16日~9月26日

第28次展示

会期 令和元年10月1日~令和2年3月31日

先人顕彰シリーズ28「真澄研究者 内藤武志・ハチ兄妹と真澄の歩いた鹿角」※リーフレットはありません。

第29次展示

会期 令和2年4月1日~令和3年3月21日

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 生涯学習課 文化財振興班

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0294 ファックス:0186-30-1140
お問い合わせはこちらから