更新日:2018年11月30日

結婚子育て支援ローン

 鹿角市結婚・子育て支援特別資金返済支援制度とは、若者の結婚・子育てを支援するため平成28年4月から開始した制度で、本市が定める条件を満たした方が、本市と提携する金融機関から結婚・子育て支援ローンを借りた場合に次の支援を行う制度です。

この制度を利用された場合、鹿角市ファーストベビー祝い金は受給できません。

支援内容

1.利子補給補助金

 毎年12月末の借入残高(当初の計画どおり返済した場合)に2.0%を乗じて得た金額を上限に補助します。

 (利息の実負担額が上限を下回る場合は、利率を2.0%で計算した利息相当額(1円未満切捨て)を補助します。) 

借入利息が2.0%未満の場合は、当該利息相当分となります。

2.返済支援補助金

ローン返済期間中に融資を受けられた夫婦に子どもが生まれた場合、返済支援のため、子ども1人当たり30万円を交付します。ただし、新生児が生まれた日の借入残高が30万円未満の場合は、生まれた日の借入残高相当額を交付します。(ローンの一部繰り上げ償還に充当していただきます。)

支援制度を利用できる方

下記の条件をすべて満たす必要があります

  1. 鹿角市と提携した金融機関から融資を受けることができる方
  2. 未婚者で、支援ローンの融資を受けてから6カ月以内に結婚される方
  3. 鹿角市に住所を有する方、または結婚後鹿角市に住所を置く予定の方
  4. 融資を受ける時の年齢が35歳未満の方
  5. 本人及び入籍予定者のいずれも市税・保育料等を滞納していない方

利用申込から補助金交付までの流れ

返済支援制度利用申込から融資まで

  1. 支援ローン借入希望者は、市福祉課へ「結婚・子育て支援特別資金利用申請書」(様式第1号)を提出します。
  2. 市福祉課では、年齢・収入等を審査のうえ、利用可能と認められる場合は「結婚・子育て支援特別資金利用承認書」を交付します。
  3. 支援ローン借入希望者は、利用承認書を添付し、鹿角市と提携した金融機関へ支援ローンの融資を申し込みます。
  4. 提携金融機関で審査のうえ、融資の可否を決定します。

市の利用承認を受けても、金融機関によっては融資が受けられない場合があります。

融資決定から利子補給補助金交付まで

  1. 支援ローンの融資が決定した場合、借入者は「結婚・子育て支援特別資金利子補給補助金交付申請書」(様式第3号)に返済予定表の写しを添えて市福祉課へ提出します。
  2. 市福祉課は、融資が行われたことを確認次第、「結婚・子育て支援特別資金利子補給補助金交付決定通知書」(様式第4号)を交付します。
  3. 市福祉課では、毎年1月に借入者が融資を受けた提携金融機関に、前年12月末の融資残高を照会・確認後、借入者へ利子補給補助金を交付します。

新生児誕生から返済支援補助金交付まで

  1. 借入者に新生児が生まれた場合、「結婚・子育て支援特別資金返済支援補助金交付申請書」(様式第6号)に戸籍謄本を添えて市福祉課へ提出します。
  2. 市福祉課は、出生を確認のうえ、借入者に「結婚・子育て支援特別資金返済支援補助金交付決定通知書」(様式第7号)を交付し、併せて提携金融機関に通知した後、補助金を交付します。
  3. 返済支援補助金の交付を受けた借入者は、提携金融機関で一部繰上償還の手続きを行います。

返済支援補助金を一部繰上償還に充当しないで他の目的に使用した場合、補助金を打ち切ります。

関連ファイルのダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

すこやか子育て課 こども家庭応援班(福祉保健センター内)

〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字下花輪50番地
電話:0186-30-0235 ファックス:0186-30-1257
お問い合わせはこちらから