更新日:2018年11月30日

放射能関連情報

市では、放射線量測定機器1台を購入し、公共施設等の調査を行っています。
 毎週月曜日に市役所前で測定を行っており、他の箇所は状況を見ながら随時測定する予定です。

空間放射線量

市の調査

市役所庁舎前

平成23年10月17日~平成26年3月24日調査

 鹿角地域振興局による常時監視(10分毎公表)が開始されたため、平成26年3月31日をもって休止しています

 → 空間放射線量測定結果(モニタリングポストによる常時測定)

保育園・学校・その他公共施設

 平成23年10月調査 平成24年1月調査
 平成24年8月~9月調査 平成25年1月~2月調査

  • 秋田県の通常レベル(0.022~0.086マイクロシーベルト毎時)の範囲内です
  • 調査結果は「関連ファイルのダウンロード」からご覧ください

県による調査(平成23年度) 

鹿角地域振興局庁舎前

空間放射線量測定結果一覧(マイクロシーベルト毎時)
測定月日 地上高1センチメートル 地上高50センチメートル 地上高1メートル 地面
6月29日 0.04 0.03 0.04 アスファルト
8月9日 0.04 0.04 0.04 アスファルト
9月7日 0.04 0.04 0.04 アスファルト
10月4日 0.04 0.04 0.04 アスファルト
11月1日 0.03 0.03 0.03 アスファルト
12月13日 0.04 0.04 0.04 アスファルト
1月10日 - - 0.03 アスファルト

花輪小学校グラウンド

空間放射線量測定結果一覧(マイクロシーベルト毎時)
測定月日 地上高1センチメートル 地上高50センチメートル 地上高1メートル 地面
7月11日 0.03 0.03 0.03 芝生

はちまんたい幼稚園グラウンド

空間放射線量測定結果一覧(マイクロシーベルト毎時)
測定月日 地上高1センチメートル 地上高50センチメートル 地上高1メートル 地面
7月11日 0.03 0.03 0.03

 秋田県の通常レベル(0.022~0.086マイクロシーベルト毎時)の範囲内です。

放射性物質の濃度(含有量)

水道水の放射性物質(調査主体:市)(平成23年度)

花輪浄水場

放射性物質の濃度(含有量)調査結果一覧(ベクレル毎キログラム)
測定月日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
7月21日 不検出 不検出
9月27日 不検出 不検出

十和田浄水場

放射性物質の濃度(含有量)調査結果一覧(ベクレル毎キログラム)
測定月日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
7月21日 不検出 不検出
9月27日 不検出 不検出

食品衛生法の規定に基づく飲料水中の規制値(これを上回るものは飲用に供されることがないようにしなければならない)は、放射性ヨウ素は300ベクレル毎リットル、放射性セシウムは200ベクレル毎リットル以下である。

プール水の放射性物質(調査主体:県)(平成23年度)

プール水の放射性物質調査結果一覧(ベクレル毎リットル)
測定地点 測定月日 放射性ヨウ素 放射性セシウム

花輪小学校プール

7月14日 不検出 不検出

環境省が定めた暫定的な目安となる規制値は、放射性ヨウ素は30ベクレル毎リットル以下、放射性セシウムは50ベクレル毎リットル以下である。

汚泥(灰化汚泥)の放射性物質(調査主体:市)(平成23年度)

谷内汚水処理センター

汚泥(灰化汚泥)の放射性物質調査結果一覧(ベクレル毎キログラム)
測定月日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
7月11日 不検出 不検出
11月22日 不検出 不検出

農林水産省が定める汚泥を肥料として利用する場合の放射性セシウムの基準値は、200ベクレル毎リットル以下である。

ごみ焼却灰の放射性物質(調査主体:広域行政組合)(平成23年度)

ごみ焼却灰の放射性物質調査結果一覧(ベクレル毎キログラム)
試料 測定地点 測定月日 放射性ヨウ素 放射性セシウム

スラグ

環境衛生センター 7月11日 不検出 不検出

飛灰

環境衛生センター 7月11日 41 25

環境省が定める埋立処分可能な焼却灰(主灰、飛灰)の基準は、8000ベクレル毎キログラム以下である。

牧草に含まれる放射性物質(調査主体:県)(平成23年度)

牧草に含まれる放射性物質調査一覧(ベクレル毎キログラム)
採取日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
5月14日 不検出 11
6月17日 不検出 不検出

農林水産省が定める粗飼料中に含まれることが許容される放射性物質の暫定許容値は、次のとおり。

放射性物質の暫定許容値一覧
区分 放射性ヨウ素 放射性セシウム
乳用牛 70 300
肥育牛 農産物で出荷制限が行われていない
地域で生産された粗飼料
300
その他の牛 農産物で出荷制限が行われていない
地域で生産された粗飼料
5,000

 

農産物に含まれる放射性物資(調査主体:県)(平成23年度)

(ベクレル毎キログラム)

農産物に含まれる放射性物資調査一覧
品目 採取日 放射性ヨウ素 放射性セシウム
キュウリ 7月28日 不検出 不検出
モモ(川中島白桃) 8月31日 不検出 不検出

食品衛生法の規定に基づく野菜類(根菜、芋類を除く)中の規制値(これを上回るものは食用に供されることがないようにしなければならない)は、放射性ヨウ素は2,000ベクレル毎リットル、放射性セシウムは500ベクレル毎リットル以下である。

米に含まれる放射性物質(収穫後調査)(調査主体:県)(平成23年度)

米に含まれる放射性物質調査結果一覧
品目 検査日 放射性セシウム134 放射性セシウム137
玄米
(あきたこまち)
9月19日 不検出 不検出

 なお、秋田県において、県内の環境放射能を調査し、その測定値を公表しています。

秋田県の放射能の状況については関連リンクをご覧ください。

放射性物質の検査結果

学校給食用食材の検査結果ならびに保育園給食用食材の検査結果は「関連リンク」をごらんください。

関連リンク

関連ファイルのダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
総務課 危機管理室

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0299 ファックス:0186-30-1122
お問い合わせはこちらから