更新日:2018年11月30日

秋田焼山に噴火警戒レベルが導入されました。

気象庁は平成25年7月25日午後1時より、秋田焼山の噴火警戒レベルを導入しました。 

 噴火警戒レベルとは、火山活動の状況を噴火時等の危険範囲や必要な防災対応を踏まえて5段階に区分したものです。住民や登山者・入山者等に必要な防災対応が分かりやすいように、各区分にそれぞれ「避難」「避難準備」「入山規制」「火口周辺規制」「平常」のキーワードをつけて警戒を呼びかけます。噴火警戒レベルは噴火警報及び噴火予報で発表します。
 現在、秋田焼山の噴火警戒レベルは1 (平常)です。

詳しくは、気象庁のサイト、もしくはリーフレット(PDFファイル)をご覧ください。 

  • 秋田焼山の噴火警戒レベルの運用を開始します。 [PDF形式:99キロバイト]
  • リーフレット「秋田焼山の噴火警戒レベル」 [PDF形式:851キロバイト]

秋田県建設交通部河川砂防課

  • 秋田焼山 火山防災マップ 

各種詳細は、「関連リンク」からご覧ください 

秋田県建設交通部河川砂防課

関連情報

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
総務課 危機管理室

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0299 ファックス:0186-30-1122
お問い合わせはこちらから