更新日:2021年07月01日

除排雪作業中の事故防止について

除排雪作業の際は次の事に十分注意してください。

 

1.落雪作業について

 屋根に積もった雪が落ちてくる可能性があるため、軒下には近づかないようにしてください。どうしても近づく必要がある場合は、落雪の危険性を十分考慮した上で作業又は通行してください。

 

2.雪下ろしについて

 雪下ろしは屋根から転落する可能性があるため、ヘルメット、命綱、安全帯(フルハーネス型)を装着してください。

 命綱はザイルロープなど丈夫なものを屋根の上で止まる長さで、正しく結んでください。また、はしごはしっかりと固定して、転倒しないようにするとともに、はしごの上から除雪をしないようにしてください。

 なお、1人での作業は事故が発生した際に発見が遅れる可能性があるため、除排雪作業の際は2人以上で行ってください。やむを得ず1人で作業を行う場合は、家族や近所の方に声をかけてから行ってください。

 

3.除雪機について

 除雪機の下敷きになる事故が発生しておりますので、作業する場合は周囲をよく確認し、転倒しないよう注意するとともに、雪詰まりを取り除く場合は、必ずエンジンを切り、棒などで取り除くようにしてください。

 

※注意点はこちら(秋田県ホームページ)にも掲載されています。

この記事に関するお問い合わせ先
総務課 危機管理室

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0299 ファックス:0186-30-1122
お問い合わせはこちらから