更新日:2020年05月10日

「新しい生活様式」の実践例について

国の専門家会議において、新たな新型コロナウイルス感染者数が限定的となり、対策の強度を一定程度緩められるようになった地域であっても、再度感染が拡大する可能性があり、長丁場に備え、感染拡大を予防する「新しい生活様式」へ移行している必要があるとして、具体的な実践例が提言されました。

秋田県においては、5月7日に一部の施設を除き、休業要請が解除されましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、県民生活および県内経済の安定を図るため、県外との移動の自粛等の要請は継続しております。市民の皆さまにおかれましては、「新しい生活様式」を取り入れた生活に努めていただきますようお願いいたします。

「新しい生活様式」の実践例

令和2年7月20日更新

新しい生活様式の実践例

厚生労働省ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先
すこやか子育て課 健康づくり班(福祉保健センター内)

〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字下花輪50番地
電話:0186-30-0119 ファックス:0186-30-1257
お問い合わせはこちらから