更新日:2021年04月12日

サービス支給限度額

介護保険のサービスを利用した場合、在宅サービス利用者は、要介護度ごとに決められている利用限度額の範囲内でかかった費用の1割~3割を負担します。限度額を超過した分は全額自己負担となります。

また、施設入所者は、要介護度別の施設サービス費の1割~3割のほか、食費・居住費・日常生活費(洗濯代など)の合計が自己負担となります。

在宅サービス支給限度額

支給限度額一覧
要介護度 1か月の支給限度額
要支援1 50,320円
要支援2 105,310円
要介護1 167,650円
要介護2 197,050円
要介護3 270,480円
要介護4 309,380円
要介護5 362,170円

 利用者は原則としてサービスにかかった費用の1割を自己負担します。
なお、介護保険料を滞納すると、一旦全額を支払う償還払い給付(1年以上の滞納)や給付の差し止め(1年6カ月以上の滞納)となります。2年以上滞納した場合は、未納期間に応じて3割の負担(3割の負担の方は4割の負担)となり、高額介護サービス費も受けられなくなります。

この記事に関するお問い合わせ先
あんしん長寿課 高齢者支援班(福祉保健センター内)

〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字下花輪50番地
電話:0186-30-0234 ファックス:0186-30-1257
お問い合わせはこちらから