更新日:2019年05月15日

サービスを利用する場合

寝たきりや認知症など心身の要介護状態または要支援状態にあるか否か、及び介護の必要度(要介護度)を判定してもらうため、市窓口に要介護認定の申請を行う必要があります。認定されると、申請日以降に利用したサービスについて給付が受けられます。

  • 要介護認定は原則新規の場合は6か月間、更新の場合は12~36か月ごとに見直しがあります。また重度になったときは、期間の途中でも要介護度を変更してもらえます。
  • 申請を行うと、市の調査員が家庭に伺い、心身の状況などの調査をします。その調査結果とかかりつけ医の意見書をもとに、保健・医療・福祉の専門家からなる審査会で判定し、その結果に基づいて市から通知が届きます。

介護保険の申請から認定・サービスまで

  1. 申請
    本人あるいはご家族が、まずは地域包括支援センターにご相談ください。
  2. 調査
    専門の調査員が家庭を訪問します。主治医が意見書を作成します。
  3. 認定
    介護認定審査会が判定し、申請から30日程度で市が通知します。
  4. 介護サービス計画
    認定結果に応じて、最適な介護サービスを計画します。
  5. 介護サービス提供
    計画に基づき、在宅・入所などの介護サービスを提供します。

サービスの内容

介護を必要とする場合には、保健・医療・福祉サービスが総合的に受けられます。

介護の必要度(要介護度)に応じて給付額に限度があります。

介護保険 要介護・要支援認定申請書様式(新規・更新・区分変更)

この記事に関するお問い合わせ先
あんしん長寿課 高齢者支援班(福祉保健センター内)

〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字下花輪50番地
電話:0186-30-0234 ファックス:0186-30-1257
お問い合わせはこちらから