更新日:2021年07月01日

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した第1号被保険者の介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した方で、次に該当するときは、介護保険料の減免が受けられます。

対象となる方

1.主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負ったとき

2.主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、事業収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」)の減少が見込まれるとき

対象となる保険料

令和3年4月1日から令和4年3月31日までの納期限のもの

申請方法

1.窓口に持参
・受付場所:鹿角市福祉保健センター あんしん長寿課
・受付時間:午前8時30分~午後5時15分(土日祝祭日を除く。水曜日のみ午後7時まで。)

2.郵送で申請
・次の宛先に提出してください

〒018-5201 鹿角市花輪字下花輪50番地1 あんしん長寿課 宛 

詳細については以下のとおりです。

減免基準・申請に必要な書類

1.主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負ったとき

減免に該当する要件

医師の死亡診断書もしくは診断書によって、世帯の主たる生計維持者が新型コロナウイルス感染症により死亡しまたは重篤な傷病を負ったことが確認できること。

減免または免除される額

対象保険料の全額

申請に必要な書類

新型コロナウイルス感染症関連 介護保険料減免申請書(Wordファイル:19.5KB)
(申請書記入例:死亡または重篤な傷病を負ったとき)(Wordファイル:24.8KB)

・医師の死亡診断書(死亡の場合)等の写し

・医師の診断書(重篤な傷病を負った場合、1か月以上の治療を有すると認められるもの)等の写し

 

2.主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれるとき

減免に該当する要件

次の2つの要件に該当すること

・主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額が、前年に比べて10分の3以上減少するとき

・減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下のとき

※申請にあたっては、帳簿や給与明細書など、現在の収入を証明する書類が必要になります。

※持続化給付金等の助成金は「前年の収入」に含みませんが、「前年の所得」には含んで減免の判定をします。

減免または免除される額

減免対象保険料額(A×B÷C)に減免割合(d)をかけた金額

A 第1号被保険者の介護保険料額
B 第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額
C 第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得額
d
前年の合計所得金額が210万円以下のとき 10分の10
前年の合計所得金額が210万円を超えるとき 10分の8
事業等の廃止や失業のとき 10分の10

申請に必要な書類

<すべての申請者について必要なもの>

新型コロナウイルス感染症関連 介護保険料減免申請書(Wordファイル:19.5KB)
(申請書記入例:収入の減少が見込まれるとき)(Wordファイル:24.6KB)

新型コロナウイルス感染症関連 収入申告書(Excelファイル:14.6KB)
(収入申告書記入例)(Excelファイル:18.8KB)

・令和3年1月から申請月までの収入が確認できる書類(給与明細・源泉徴収票・帳簿 等の写し)

・昨年の収入がわかるもの(給与明細・源泉徴収票・確定申告書の控え 等の写し)

 

<場合によって必要なもの>

・国や都道府県や市から支給される各種給付金がわかる書類(持続化給付金等)

・保険金や損害賠償等により補填されるべき金額がわかる書類(保険契約書等)

※「事業等の廃止や失業のとき」は、以下の書類もご準備ください
・離職年月日が明記された書類(退職証明書・雇用保険受給資格者証・廃業届 等の写し)

注意事項

・普通徴収の方で、減免の決定通知が届く前に納期限が到来する納期の分は、納期限までにお納めください。また、特別徴収(年金からの引き去り)または口座振替による納付の方は、減免の承認となった場合においても、引き去り(または引き落とし)となる場合があります。

・保険料の納めすぎが生じた場合、後日還付いたします。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先
あんしん長寿課 高齢者支援班(福祉保健センター内)

〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字下花輪50番地
電話:0186-30-0234 ファックス:0186-30-1257
お問い合わせはこちらから