更新日:2018年11月30日

税金の種類

市税には、普通税と目的税があります。

 普通税は納められた税金の使い道が特に定められていなく、どの事業の費用にも充てることができます。

 目的税は、普通税と異なり税の使い道が特定されている税金です。

普通税

  • 市民税(個人市民税)
  • 市民税(法人市民税)
  • 固定資産税
  • 軽自動車税
  • 市たばこ税
  • 鉱産税
  • 特別土地保有税
  • 法定外普通税(本市は該当無し)

目的税

  • 入湯税
  • 国民健康保険税
  • 事業所税(本市は該当無し)
  • 都市計画税(本市は該当無し)
  • 水利地益税(本市は該当無し)
  • 共同施設税(本市は該当無し)
  • 宅地開発税(本市は該当無し)
  • 法定外目的税(本市は該当無し)

市民税

 鹿角市に住む、個人や事業所などのある法人に課税されます。なお、個人市民税は個人県民税が合算されて課税されます。

個人市民税

  • 1月1日現在市内に住んでいて、前年中に一定の所得があった人
  • 市内に住所がなくても市内に事務所や家屋敷がある人

法人市民税

市内に事務所、事業所、寮などのある法人に課税されます。関連情報よりご参照ください。

固定資産税

1月1日現在、鹿角市に土地、家屋、償却資産を持っている人に課税されます。

軽自動車税

 4月1日現在、鹿角市にて定置場所のある二輪車、小型特殊自動車、軽自動車の所有者に課税されます。関連情報よりご参照ください。

軽自動車等を廃車にした場合は、廃車手続きをしてください。手続きをしないと税金がかかります。

市たばこ税

 鹿角市内で買われたたばこの税金は、たばこ販売会社が消費者に代わって鹿角市に納めます。

鉱産税

 鉱物の運搬等のため道路橋梁等に損傷を生じるので鉱物の採掘事業者にその負担を求め課税するものです。

特別土地保有税

 課税対象となる土地の保有者または取得者が納税義務者となります。なお、平成15年度以降は新たな課税はありません。

入湯税

 市内の鉱泉浴場を利用した人が衛生施設や消防施設などの整備及び観光の振興の費用を負担するための税金です。鉱泉浴場の経営者が料金と一緒に入湯税を徴収し、まとめて申告納付します。関連情報よりご参照ください。

国民健康保険税

 会社や官庁などの健康保険に加入している人以外の人を対象に、医療の給付を行うことを目的とした国民健康保険の事業の費用に充てるため、地方税法に基づく租税として課税する税金です。また、介護保険法の規定による第2号被保険者の納入金の納付に要する費用も併せて徴収されます。

 なお、地方自治法に基づく条例で国民健康保険料として徴収している市町村もあります。

「 関連情報」よりご参照ください。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先
税務課 課税班

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0213 ファックス:0186-23-3884
お問い合わせはこちらから