更新日:2018年11月30日

[法人市民税]法人市民税とは?

質問

法人市民税とはどのような税ですか?

回答

法人等に対して課税される市民税です

法人市民税とは、鹿角市内に事業所や事務所または寮等がある法人等に課税される市税です。法人市民税は法人税額によって算出される「法人税割」と、資本金や従業員の人数に応じて決められる「均等割」をあわせて申告納付していただきます。

納税義務者

市内に事務所や事業所がある法人

  • 均等割額
  • 法人税割額

市内に事務所や事業所はないが、寮、保養所等がある法人

  • 均等割額

市内に事務所や事業所、寮、保養所等がある人格のない社団または財団

  • 均等割額

質問

事務所や事業所とはどのようなものですか?

回答

自己の所有に属するものであるか否かにかかわらず、事業の必要から設けられた人的および物的設備であって、そこで継続して事業が行われる場所をいいます。

人的設備とは、その事業に従事する人をいい、雇用契約を結んでいる正規の従業員のみでなく、法人の役員や正規従業員でないアルバイトやパートタイマーも含まれます。
物的設備とは、その事業が行われるのに必要な土地、建物があり、その中に事業を行うのに必要な設備がある施設をいいます。

質問

事務所や事業所がなく、保養所に従業員がいなければ課税されない?

回答

常時設けられている施設であれば、必ずしも従業員がいる必要はありません

寮、保養所等は事務所等の「人的設備」「物的設備」「事業の継続性」の要件とは異なり、常時設けられている施設であれば、必ずしも従業員がいる必要はありません。ポイントは「常時性」であり、その法人が従業員等に利用させようと思えばいつでも利用させうる状態にあれば課税の対象となります。

この記事に関するお問い合わせ先
税務課 課税班

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0213 ファックス:0186-23-3884
お問い合わせはこちらから