更新日:2021年07月19日

危機関連保証の認定について(中小企業信用保険法第2条第6項)

危機関連保証制度とは

 内外の金融秩序の混乱その他の事象が突発的に生じたため、客観的な指標である資金繰りDI等が、リーマンショック時や東日本大震災時等と同程度に短期かつ急速に低下することにより、中小企業について著しい信用の収縮が全国的に生じていることが確認でき、国が危機関連保証を実施する必要があると認める場合に、実際に売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置です。

 この度、新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業者への資金繰り支援措置として、危機関連保証制度が発令されました。当該感染症の影響を受けた中小企業者について、危機関連保証の認定を受けることで、一般保証とは別枠の信用保証協会の保証(保証割合100%)が利用可能となります。

 保証の対象となる事業者の認定は、市の窓口にて行います。

詳しくは、中小企業庁のホームページをご覧ください。

制度の対象者

 次の要件をすべて満たしていることについて、鹿角市長の認定を受けた中小企業者

1.金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている。

2.新型コロナウイルス感染症の影響により、最近1ヶ月間の売上高等が前年同月比で15%以

上減少しており、かつ、その後の2ヶ月間を含む3ヶ月間の売上高等が前年同期比で15%以上

減少することが見込まれる。

※新型コロナウイルス感染症の影響が発生し始めた令和2年2月以後の月の売上高等は比較対象に

入らないため、前々年(平成31年、令和元年)の同期と比較することとなります。

認定申請方法

認定申請の手続き

 制度を利用する場合、市の認定を受ける必要があります。認定申請書に必要事項を記入し、捺印のうえ、市役所産業活力課産業戦略班まで、認定条件を満たすことを示す資料と共に提出してください。認定書の交付を受けた方は、希望の金融機関又は、信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付き融資をお申し込みいただきます。認定書の有効期間は認定日から起算して(認定日を含む)30日間となっておりますのでご注意ください。また、市からの認定書の交付は融資を決定するものではなく、融資は金融機関及び信用保証協会の審査により最終的に決定されます。

申請書様式

 認定申請にあたっては、以下より様式をダウンロードしてご利用ください。

この記事に関するお問い合わせ先
産業活力課 産業戦略班

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0250 ファックス:0186-30-1515
お問い合わせはこちらから