更新日:2021年06月01日

ツキノワグマ出没に関する注意報の発令について

ツキノワグマ出没注意報、発令中

県内で8月の出没件数が例年の件数を上回ったことから、ツキノワグマ出没に関する注意報が発令期間が延長されました。

 秋にかけて若いくるみや栗、どんぐりなどがクマの餌となります。例年、民家敷地内や集落内の栗の木にクマが寄って来る被害報告が多く寄せられます。集落の住民を危険にさらすことになりますので、不要な果樹は放置せず処分して下さい。収穫するものは、あらかじめ電気柵で囲って来ても食べられないように対策してください。周囲や通り道にクマの餌となる木がないか再度点検し、クマがいるかもしれない心構えをもって、人身事故の予防に努めてください。

 木の実以外の誘引物についても除去するなど、臭いが出ないよう適切に管理し、刈り払いをして見通しを確保するとともに、侵入路を封鎖するなど、早め早めの出没対策を行い、事故予防にご協力をお願いします。

ツキノワグマ出没に関する注意報

発令期間

令和2年7月8日から令和2年9月30日まで

発令区域

秋田県全域

発令者

秋田県

ツキノワグマの出没対策

誘引物の除去

 廃棄作物や米ぬか、ぼかし、肥料、農薬など、臭いの出るものは、クマを呼び寄せます。臭いが出ないよう適切に管理しましょう。

繰り返し食害を受けている木は、処分するようにしてください。

侵入路の封鎖

 小屋、作業場などは、扉を閉め施錠しましょう。

ラジオなど音が出るものを身につけ複数人で行動する

 出会い頭の事故防止のため、屋外に出るときは、大きな音を出すなどし、こちらの存在をクマに知らせましょう。

事故のほとんどは単独で行動しているときに発生しています。屋外で作業する際は、複数人でにぎやかに行動してください。

暗くなる前に家に入る

人気を避けて行動しているクマは、日暮れ頃から活発に活動を始めます。暗くなると家のそばまで近づいてきた例もありますので、夕暮れ前に屋内に入るようにしましょう。

電気柵の設置

電気柵は被害対策に大変有用です。設置をご検討ください。

この記事に関するお問い合わせ先
農地林務課 森林経営管理班

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0264 ファックス:0186-30-1515
お問い合わせはこちらから