更新日:2018年11月30日

就任挨拶

市民から、移住者から、企業から選ばれるまちへ

 このたびの市長選挙におきまして、市民の皆さまからの負託を受け、鹿角市長として4期目の重責を担わせていただくことになりました。引き続き、鹿角市の持続的発展へ向けた舵取り役を担わせていただく光栄と、その責任の重さを改めて痛感しております。皆さまの期待と信頼に応えられるよう使命感を持って、全力で市政の運営に努めてまいります。

 現在進めている市の総合計画では、定住人口維持の要となる「産業力の強化」を最優先に掲げ、地域のヒトやモノを生かして地元企業が成長できる環境づくりや、稼げる観光体制の確立を進めるとともに、移住の促進と少子化対策の継続により、3年後の平成32年において、人口3万人の確保を目指しております。人口減少を止めることは容易なことではありませんが、この3万人という目標は本市のポテンシャルをもってすれば実現不可能ではないと考えております。

 これからのまちづくりは、行政の力だけでできるものではなく、鹿角市全体で一丸となって、総合力を発揮して進めることが重要です。引き続き、共動の理念のもと、市民の皆さまとの信頼関係を大切にしながら、市政運営にあたってまいりますので、今まで以上に市政へ参画していただき、ともに鹿角を未来へつなぐために、皆さまの温かいご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

鹿角市長 児玉一

この記事に関するお問い合わせ先
総務課 秘書班

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0204 ファックス:0186-30-1122
お問い合わせはこちらから